MENU

社長あいさつ

 2014年に会社を設立し、何とか今まで事業を継続してまいりました。
 会社設立の2年前より、個人事業主として同様の事業を始めていましたが、そもそも32歳のときに脱サラしてこの仕事を始めたきっ
かけは、都内の地下鉄ホームで道に迷った目の不自由な方を、目的の地上出口まで付き添って誘導した経験からでした。
 その時に感じた〝今、自分は人のためにお役に立てている"
という実感が当時の私のこころに火をつけたように思い起こされます。
ozawa01.jpg
代表取締役
小澤 董修
 以来、人のためにお役に立てていると実感できる内容で、これからの社会に必要となる事業、そして自分が頑張っただけ結果が返ってくるような働き方で、一生を捧げられるような仕事を探した結果、モナークケアは誕生しました。
  当社の理念は、  
  〝世のため人のため、ご奉仕!"  
  であります。  
 創業以来、がむしゃらに働いて、動きながら考えての毎日でした。
 創業して最初の2年間は、年間364日働き、休みは子供の運動会の当日〝1日のみ"でした。
 たくさんの失敗や、今思えばもっと別のやり方があったろうになと反省する経験を積み重ねて参りました。
 (数々の失敗談は、ホームページブログに書きつづっております…)
 そんな中でも何とか続けてこれたのは、ひとえに支えてくれた家族のみんなと、信頼してついてきてくれたスタッフ、モナークケアをごひいきにして下さるお客さま、そしてお付き合いさせていただいている周辺の介護事業者みなさまのおかげです。
 これからも世のため人のため、そして自分のまわりのみなさんのため、ひたむきに頑張ってまいります。